京都あすなろ教室

元講師たちと塾長のページ

元講師大花のメッセージ

こんにちは。講師の大花です。

以前は高校受験指導の大手進学塾で集団指導をしていました。
そこでは完全に組まれたカリキュラムに従って授業を進めるよう指示されていました。

学校で勉強についていけなくなった生徒さんは、塾に来てもついてこられないままでした。躓いても容赦なく進むカリキュラム。はじめから頭のよい子がいい学校へ進学していきました。

それでは私が先生をする意味はありませんでした。もっともっと一人一人に寄り添って、一つずつ抱える問題を一緒に解決してあげたい。それが叶わないのでそこで働くことを辞めたのです。それでも先生という仕事は好きなので、いつか生徒さんに寄り添ってその子にあった授業ができる日が来ればいいなと思っていました。

今回ご縁があり、ここで講師をすることになりました。どんな生徒さんに会えるのだろう、とてもわくわくしています。

あなたはどんな問題を抱えているでしょうか。
今、どんな景色が見えているでしょうか。
なにも見えない、見たくないかもしれませんね。

人によって、人生で課される問題は違います。もちろん、解きかたも違います。正解のない問題もあります。解ける未来が見えない難題もあるでしょう。解きたくない問題や無理に解く必要のないものもあるかもしれません。

押しつけたりはしません。
あなたがやりたいことを、やりたいだけでいいのです。
動き出せば、未来はついてくるのですから。
もしよければ、一緒にいろんな景色を見てみませんか。
あなたの力に、なってみたいのです。


「まかない」のことby塾長

「まかない」のこと

うちの講師たちは、僕のつくった「まかない」を食べる。
講師はパスタやラーメンや丼を食べながら、僕にその日の授業のことや、生徒の展望や、まったく塾には関係のないプライベートな話を聞かせてくれる。
時には、生徒も一緒に食べる。生徒の親御さんも一緒に食べることもある。たこ焼きパーティーをやったりもする。そんな塾はなかなかないと思う。

「フレンドリーな塾なんですよ」とアピールしたいのではない。「気さくな塾長」を演じたいわけでもない。僕はどちらかと言えばフラットだ。万人に愛されるタイプのキャラクターではない。僕と十人の人が出会ったら、3〜5人は僕を「嫌だ」と思うかも知れない。それでいいと思っている。迎合は、するのも、されるのも、しんどい。
僕は講師とも、生徒とも、生徒の親御さんともフラットに接したい。

料理は、「フラットな対話」に彩りを添えてくれる。
複数で食べる食事は、単純においしい。
不登校児の多くは、大なり小なりの孤独を抱えている。「家族以外の誰か」と食事をする機会も、学校へ通っているこどもよりは少ないかも知れぬ。
僕は夢想する。
うちで学んだこどもたちが成長し、やがて大人になって、社会へ出て――たとえば、30歳になって、会社の帰りに仲のいい同僚や恋人と寄った焼き鳥屋のカウンターで――ふと、自分が十代のある季節に学んだ「京都の片隅に在る教室」のことを思い出してくれることを。そして、
「俺、昔、不登校やっててさ……」
気のおけない仲間や恋人に「問わず語り」でうちの講師たちとの思い出を語りだしてくれたら、と……。

忘れ去られてもいい。僕だって、教え子を全員くっきりと覚えたまま年老いていく自信はない。記憶力の劣化は年齢相応だし、いずれ忘れちゃうんだろうとも思う。
でも、前述したように「焼き鳥屋のカウンター席で恋人や仲間に……」のようなことが起こってくれたら、もうそれは感無量である。
(桑田佳祐的な国語を使えば)「忘られぬ」教室で在りたいな――と、こっそり想っている。